wc2EVyrPZAj8 のすべての投稿

マビックホイールの販売スタイル

フランスのホイール、リムメーカーのマビックは、他社とは一線を画すような販売スタイルです。

例えば製品の種類が増え、新製品が出たと思ったら、なんとただのカラーバリエーションとか、シリアルナンバー、コードの有無程度の違いしかない、ということが多々あるのです。
さらには複数のステッカーをつけただけで売ったこともありました。

いわゆる「マビック商法」と呼ばれ、ユーザーは困惑するどころか、人によっては怒りを覚えるようなこともありますが、これが魅力という人もいます。

マビックはもともと、リムの開発を主に手掛けるメーカーです。
他社とは頭一つ抜きんでるほどの軽いリムが主力製品で、キシリウムのリムは他を寄せ付けない圧倒的な軽さを誇っています。
ハイエンドのキシリウムに対し、エントリーのアクシウムもとても人気があります。

リムの重さは、ホイールの慣性モーメントの影響を強く受けます。
それが小さいほどスピードが出やすく、漕ぐエネルギーが少なく済むのです。
まるで重いフラフープと軽いフラフープのような大きな違いになります。

リムの軽さは、漕ぎやすさに直結するということです。

ロードバイクのホイールは調整も大事

ロードバイクのホイールは、その構造上、チューブバルブが重くなります。
スポークも均等に配置されているわけではありません。

つまり、ホイールのバランスが崩れることは往々にしてあるのです。

さらに言えばスポークの重さやニップルの重さ、リムの重さすらも、均等にはなっていません。
どれだけ精度が優れていても、チューブのバルブ、延長バルブなど、使うメーカーごとによって重さが異なるため、ホイールのバランスが崩れる要素は十分すぎるほどあるのです。

完璧なバランスになっているホイールは、タイヤとチューブ、リム、ホイールなど、全てをセットで製造、販売しているメーカーでない限りありません。

メーカーでいえば、カンパニョーロホイールやフルクラム、マビックなどは有名ですね。

ですので、大前提として、ホイールで完璧な重量配分を達成するのは不可能だと思っておいてください。
バランスをとるために使うのが、ウエイトです。
ウエイトで重さを調節して、バランスを取っていきましょう。

ヒルクライムでの走りを有効にしたい

レースに有効な最も確実な練習は、ヒルクライムです。
最初のころは走り切れずに途中で降りたり、走り切れたとしても息が絶え絶えで吐き気すら催すこともあると思いますが、何度もチャレンジしてみると、意外にも走り切れるようになります。
走れなかったものが走りきれたということは、間違いなく心肺機能や筋力、技術が上がっているということになります。

やはり、一番有効なのは、走りこむことに尽きます。
走りこむことで筋力が上がるのと同時に、効率のいい筋肉の使い方やベストな呼吸法などを自然と身に着けることができます。

さらに、走りこむうちにロードバイクのギア比、軽量化なども自然と必要になるので、いつの間にか自転車のカスタムにも精を出しているはずです。
そこまで来たら、もうすっかりロードバイクにはまりこんでいると思います。

縄跳びは、身体トレーングに効果あるか?

縄跳びでダイエットをするときは、動いやすい服装がおすすめです。
ジョギングなどをするときにも、ジャージなどの動きやすい服装がおすすめですが、縄跳びも意外と体を使いますので、トレーニングウェアがあるならそれを着るのがベストです。

縄跳びはとても便利で、家の中でもできるほど簡単なスポーツですが、一番のデメリットはやはり足への負担です。

単純に、体重が重いほど足へかかる負担が大きくなります。
そこで大切なのが、クッション性の高いシューズを履くということです。

今はジョギング、ウォーキング用の専用シューズなどもたくさん出ていると思います。
もし足に負担がかかりそうとか、体重が重いという方は、それを履いて縄跳びをするのもおすすめです。
靴屋さんでもいいですが、スポーツ用品店で専用のものを買うのも良いですよ。

そして、もし縄跳びをしているさなかに、足が痛いとか、負担が大きいと感じたりしたらすぐに休みましょう。
ゆっくりとしたエア縄跳びでも大丈夫なので、無理なくやっていくのが大事です。

また、何度も飛び跳ねるため女性はスポーツブラなどで胸を支えないと、バストが下垂する原因になり得るので注意してください。

自転車などよりも安価に始められるので、縄跳びはとてもおすすめです。

メタボになるリスクは?

肥満とは、見た目が悪くなるというデメリット以上に、健康への悪影響が非常に大きいんです。
わざわざ言うほどでもないかもしれませんが、太ることでなる病気はたくさんあるんです。

例えば、会社勤めで健康診断があるという方なら気づいているかと思いますが、項目の中にメタボチェックが追加されました。
これは一昔前まではありませんでしたよね。

男性の方は特に、お酒を飲む方が多いのと、脂っこい食べ物を好みやすいので余計にメタボのリスクが高まっているということです。

同時に、加齢とともに運動習慣もなくなってくるので、ダイエットにきれいに成功するという方はほとんどいないはずです。
確実に痩せたいというときには、メンズエステなどで痩身エステを受けるのが一番確実で手っ取り早いと思います。

専門知識のあるスタッフが施術をするので、とても効果的ですよ。

ただし、サロンへ通うのを勝手にやめて、再び同じような食生活をしていれば、たちまちリバウンドを起こしてしまいます。
これまでかかった費用、時間が全部無意味になるので、必ず改善しましょう。
施術中にスタッフさんから、生活習慣の改善指導や、おすすめのストレッチ方法などをアドバイスされるはずですので、是非とも習慣づけて下さい。

有酸素運動のはやっぱり自転車なのか?

便利な有酸素運動の一つが、自転車に乗るという運動です。
運動強度(運動のきつさ)がほかの運動と比べると低く、女性でも手軽に始めることができます。

ただ、女性の方だと自転車に乗ることで「足が太くなる」「太ももが太くなる」という懸念があると思います。
確かに自転車に普段から乗る方や、プロ選手などはとても太い足をしてますが、自転車に乗ることで足が太くなるのは、漕ぎ方と、いくつかの条件が整わなければ太くなりません。

筋肉とは、大きな負荷がかかることで、一度破壊されます。
破壊された部分にアミノ酸などを送り、修復することで今までよりも強くなろうとします。これが筋肉が大きくなる仕組みなんです。
これを何度も繰り返すことで、強靭で大きな筋肉になるということです。

自転車を乗るときに、大きな負荷がかかるときは、漕ぎ始めのひと踏み、急な坂道を上るときなどです。
漕ぎ始めが重い自転車で信号待ちが多いルートを走るとか、電動機能のない自転車で坂道を上るときなどは、筋肉に強い負荷がかかり、壊れてしまい筋肉痛が発生します。
その結果、修復した時にはより大きな筋肉になり、足が太くなります。

また、漕ぎ方のくせも関係してきます。
分かりやすいのが、つま先でペダルを踏みこむような漕ぎ方です。
つま先に力を入れると、ふくらはぎから太ももにかけて力が入って、強い刺激になります。

さらに、ゆっくりと時間をかけて漕ぐのも筋肉には良い刺激になります。
ゆっくり踏み込むと筋肉の収縮時間はその分長くなり、筋肉内の血流が制限されるため、乳酸などの代謝物が筋肉の中にとどまり、筋肉を大きくさせる成長ホルモン、男性ホルモンの分泌を大きく促進させるんです。

筋トレは呼吸に合わせてゆっくりやるのが一番効果的といいますが、ペダルを踏みこむときにゆっくりやれば、筋トレとほぼ同じような効果になるということです。

体幹トレーニングで細マッチョをめざします

体幹トレーニングは、姿勢がよくなるとか血液のめぐりがよくなるなどだけではなく、基礎体力や基礎代謝が上がる、身体能力が向上する、などなど様々なメリットがあると言われていますよね。

体幹トレーニングで一番効果があると言われているのが、やはり「おなかがへこむ」「おなかが引き締まった」などの効果です。
なぜ体幹トレーニングによって、おなかの引き締め効果があるのかというと、簡単に言って骨盤が正しい位置に戻るため、と考えられています。

体の内側には、大腰筋(だいようきん)と呼ばれる、腰から大腿骨(ふともも部分)につながる筋肉があります。
大腰筋は体幹にある大きなインナーマッスルの一つであり、なんと上半身と下半身をきっちりと繋いでいる唯一の筋肉なんです。

ということはつまり、骨盤、背骨を支えるのにも大きく役立つ筋肉ということです。

大腰筋が衰えてしまうと、骨盤の角度が曲がり、胃や腸などの内臓が下に押し出され、下膨れのおなかになってしまうんです。
そこで体幹トレーニングによって大腰筋に刺激を与え、鍛えることで骨盤が正しい位置に戻って、内臓も元の位置に戻り、おなかがへこむということです。

当然、体のフォルムもガラッと変わって、シルエットが大きく変わるはずです。
下半身の筋肉も大きいですが、体幹の筋肉も大きいものがあるので、そこを鍛えたらとても良い効果があらわれますよ

ただし、体幹のトレーニングは意外と難しいのが欠点です。
腕や足は見た目にもわかりやすく、腹筋も動かしやすい筋肉ですが、体幹は今使っているのか、負荷がかかっているのかが意識しにくい部分になるんです。
つまり、現在正しいフォームでできているかどうかが、わかりにくいということです。

当然ですが、正しいフォームで行わなければ、効果は出ません。

集中して、インナーマッスルに刺激を与えられているかを考えて、じっくりやってみましょう。