ロードバイクのホイールは調整も大事

ロードバイクのホイールは、その構造上、チューブバルブが重くなります。
スポークも均等に配置されているわけではありません。

つまり、ホイールのバランスが崩れることは往々にしてあるのです。

さらに言えばスポークの重さやニップルの重さ、リムの重さすらも、均等にはなっていません。
どれだけ精度が優れていても、チューブのバルブ、延長バルブなど、使うメーカーごとによって重さが異なるため、ホイールのバランスが崩れる要素は十分すぎるほどあるのです。

完璧なバランスになっているホイールは、タイヤとチューブ、リム、ホイールなど、全てをセットで製造、販売しているメーカーでない限りありません。

メーカーでいえば、カンパニョーロホイールやフルクラム、マビックなどは有名ですね。

ですので、大前提として、ホイールで完璧な重量配分を達成するのは不可能だと思っておいてください。
バランスをとるために使うのが、ウエイトです。
ウエイトで重さを調節して、バランスを取っていきましょう。