ヒルクライムでの走りを有効にしたい

レースに有効な最も確実な練習は、ヒルクライムです。
最初のころは走り切れずに途中で降りたり、走り切れたとしても息が絶え絶えで吐き気すら催すこともあると思いますが、何度もチャレンジしてみると、意外にも走り切れるようになります。
走れなかったものが走りきれたということは、間違いなく心肺機能や筋力、技術が上がっているということになります。

やはり、一番有効なのは、走りこむことに尽きます。
走りこむことで筋力が上がるのと同時に、効率のいい筋肉の使い方やベストな呼吸法などを自然と身に着けることができます。

さらに、走りこむうちにロードバイクのギア比、軽量化なども自然と必要になるので、いつの間にか自転車のカスタムにも精を出しているはずです。
そこまで来たら、もうすっかりロードバイクにはまりこんでいると思います。