体幹トレーニングで細マッチョをめざします

体幹トレーニングは、姿勢がよくなるとか血液のめぐりがよくなるなどだけではなく、基礎体力や基礎代謝が上がる、身体能力が向上する、などなど様々なメリットがあると言われていますよね。

体幹トレーニングで一番効果があると言われているのが、やはり「おなかがへこむ」「おなかが引き締まった」などの効果です。
なぜ体幹トレーニングによって、おなかの引き締め効果があるのかというと、簡単に言って骨盤が正しい位置に戻るため、と考えられています。

体の内側には、大腰筋(だいようきん)と呼ばれる、腰から大腿骨(ふともも部分)につながる筋肉があります。
大腰筋は体幹にある大きなインナーマッスルの一つであり、なんと上半身と下半身をきっちりと繋いでいる唯一の筋肉なんです。

ということはつまり、骨盤、背骨を支えるのにも大きく役立つ筋肉ということです。

大腰筋が衰えてしまうと、骨盤の角度が曲がり、胃や腸などの内臓が下に押し出され、下膨れのおなかになってしまうんです。
そこで体幹トレーニングによって大腰筋に刺激を与え、鍛えることで骨盤が正しい位置に戻って、内臓も元の位置に戻り、おなかがへこむということです。

当然、体のフォルムもガラッと変わって、シルエットが大きく変わるはずです。
下半身の筋肉も大きいですが、体幹の筋肉も大きいものがあるので、そこを鍛えたらとても良い効果があらわれますよ

ただし、体幹のトレーニングは意外と難しいのが欠点です。
腕や足は見た目にもわかりやすく、腹筋も動かしやすい筋肉ですが、体幹は今使っているのか、負荷がかかっているのかが意識しにくい部分になるんです。
つまり、現在正しいフォームでできているかどうかが、わかりにくいということです。

当然ですが、正しいフォームで行わなければ、効果は出ません。

集中して、インナーマッスルに刺激を与えられているかを考えて、じっくりやってみましょう。